2014年01月14日

オリンピック選手が育つ地域

昨年末、スピードスケートのソチオリンピック代表の発表があり、
浦河町出身のウイリアムソン師円選手が代表に選考され、
年末には会見のために浦河町役場にご本人が来られ、
先日は壮行会が町の文化会館でありました。

世界レベルの選手となると、本人の資質、努力のほかに
環境、指導者なども重要なのか、特に冬のオリンピック種目となると、
その傾向は顕著に。
女子フィギュア代表3人は全員愛知県。伊藤みどり選手以後、常に有名選手がいます。
過去の冬期オリンピック代表をざっとみると、
アルペンスキーなどは、北海道、東北、あとは新潟や長野など、
当然ながらスキー場のある地域。
スピードスケートは、北海道十勝地方が多いでしょうか。
そんななかで、浦河からスピードスケートのオリンピック代表が。
町からは初めてのオリンピック選手のようです。

浦河町には町のスケートリンク(1周400m)のほかに、
日本中央競馬会(JRA)の敷地内に住民手づくりのリンク(1周250m)が。
残念ながら、小さなリンクのほうは、どこに作られているのか確認したことがありませんが、
ウイリアムソン師円選手は、小さいほうのリンクを拠点にした少年団に
入っていたようです。
苫小牧や帯広まで出かけて練習するることもあったかもしれませんが、
冬場は小さなリンクで、ひたすら滑っていたのでしょうね。

小学生や中学生時代から別格だったのかと思いきや、
上位レベルだけれど、段違いというほどではなかったとの声も。
たまたまネットで引っ掛かった中学時代の大会成績でも
4位とか、そのあたりの順位がちらほら。
先日、町の文化会館で壮行会が開かれましたが、ご本人自ら
小中学生は普通だったとの弁が。
その後の努力・成長と長距離での適性なのでしょうか。
まだ高校生、4年後も楽しみです。

いろいろとネット検索していくと、その小さなリンクの
横には「明笑庵」という小屋があるとのこと。
昨年、競馬のレースで大活躍した「メイショウマンボ」の
オーナー(所有者)が設置したようです。
所有馬の命名の際に冠名としてつける「メイショウ」をもじったのでしょうか。

町からはじめてオリンピック選手がとなると、何となく町の雰囲気も
明るい感じが。
転勤していると転勤先にある高校が甲子園へ初出場というときに
重なることがありましたが、そんなときの雰囲気に近いでしょうか。
来月が大舞台。レースの時間はどうなんですかね。
勤務時間でなければ、何時であっても観るつもりですが。

(スタッフH)

DSC00097.JPG


posted by 日高王国 at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。