2013年09月26日

アポイに登ってみました

アポイ岳。標高810m。
日高王国に来る前に知っていたのは、高山植物とその盗掘。
かなり昔の記憶です。
この時は所在地を聞かれて様似町と答えられたでしょうか?
アポイ岳の価値はいろいろあるのでしょうが、
学術研究に携わった方々の歴史が現在に至っているのかと。

一般の方は登山を楽しんでいます。
地元では幼稚園児でも登ると言われ、ネットで見るとアポイ岳は登山初心者向けのコメント多数、
ごく稀に、「初心者向け?、うそつき〜」と、体力に自信のない人の悲鳴のようなコメントが。
当然自分は後者の意見となりました。

登山などまともにしたことのない身ですが、
さすがにアポイ岳が様似町のシンボルである以上、迷っていました。

休日、夜明け前に目を覚まし、その日、特にすることもなく、
天気予報を確認して、チャレンジすることに。
カバンに鈴をつけたほかは、およそ登山するような格好ではない、
その辺を歩くようないでたちで、出発。

朝6時頃、麓の駐車場に車を停め、スタート。
5合目までは樹木の生い茂った山道。
ところどころにある熊除け用の鐘を鳴らし進みました。
普段は民放ラジオは電波が悪いのですが、アポイでは聴き取ることができました。
ここまでは、登山というより森林浴。

問題は5合目から。
高い樹木はなくなり、眺望が開けましたが、傾斜が急に。
しばしば立ち止まり、引き返すか迷います。
本当に子どもが登るの?
7合目からは空気も冷たく感じ、一度脱いだジャンパーを再度羽織る。
本来は高山植物を楽しみながら登るのでしょうが、全く気持ちに余裕はありません。
山頂に太陽が重なる様子を眺めながら、
近づいているとも感じるし、まだまだ遠いとも感じるゴールをとりあえず目指します。
スタートしてからおよそ2時間、山頂へ。
山頂は、一転して高い樹木が並び眺望が中途半端にさえぎられていて、
頂上に登ったという気分がいまひとつ。

下山は、膝がこたえます。結局、登りと同じくらい時間がかかりました。
この日は晴天で、日高の海を見たなかで最も明るい青い色と
山から見る海岸線の景色が気分を救ってくれました。
6合目あたりから、登山者とすれ違うように。
8時過ぎ頃から登り始めたのでしょうか。
「山ガール」って本当にいるんですね。
大型犬を連れた人も。犬の散歩?訓練?
子ども連れの家族も数組。山頂まで行くのでしょうか?

下山後、アポイ山荘の湯につかった後、
ドラッグストアに寄り、湿布を購入。
子どもでも登る・初心者向け、とはいえ、登山は登山。
それなりの準備・対策はしてからと、反省。

(スタッフH)

画像は9合目と頂上の間の様似町市街地方面の眺望と、5号目から6合目付近の花
DSC00929.JPG  DSC00927.JPG
posted by 日高王国 at 10:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

蹄鉄

7月から10月まで毎週実施されている「日高育成牧場見学バスツアー」に
今年も行きました。
この日の参加者は計3名。バスではなく、大型の乗用車になりました。
3名しかいなかったせいもあり、屋内坂路馬場にも立ち寄っていただきました。

メインは蹄鉄づくりの実演。
1本の鉄の棒が蹄鉄になるまでを見学です。
時間は18分。先輩が後輩に時間のノルマを課します。
実際に馬が装着する蹄鉄は、ある程度、型ができあがっていて、
それを蹄にあわせていくようですが、
それでも1本の鉄の棒から作り上げる技術が基本となるので、
一人前になるには、しっかりと身につけなければならないようです。

なお、レースに出走する競走馬は軽いアルミ製のを使い、
鉄製の蹄鉄は乗馬用の馬が装着していると説明を受けました。

日高王国では、受入家庭の発案から、今秋より、
修学旅行生に馬の蹄鉄をおみやげに渡すことにしました。
実際に馬が装着し廃棄されるものを洗い透明袋で包装したものです。
競走馬用なのでアルミ製のものです。
生徒たちの思い出のひとつになればいいですね。

(スタッフH)

DSC00118.JPG
posted by 日高王国 at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

電気・ガス・灯油

農林漁家に民泊している修学旅行生の滞在期間中、
引率の先生が各家庭を巡回するのに案内していると、
受入側でも道外出身の方もいて、北海道ならではの光景談義。
そのひとつが、屋外の灯油タンク。
修学旅行生も灯油タンクの存在に気付いているのでしょうか。

家庭のエネルギーは、一般的に電気、ガス、灯油。
特に北海道は灯油暖房。

最近はオール電化住宅も普及し、浦河町で行っている移住体験用の
住宅もオール電化のところがありますし、
台所に電磁調理器を設置しているところもあります。
家庭のエネルギー源を分散するか、まとめるかは判断がわかれます。

ガスは、転勤族にはちょっと困る場合が。
ガスコンロは、何回か、引越しでやむを得ず買い替え。
帯広と釧路で住んでいた場所は、都市ガス(天然ガス)。
プロパン用のは使えません。
浦河というか、一般的に小さな町や村はプロパン。
札幌でもどこに住むかで異なり、自分がいたところはプロパン。
職場で割り当てられた住居に入ると、台所用ガス給湯器が各自で設置・取り外しと
なっているので、これも面倒。
函館にいたときは民間のアパートで、給湯だけでなく、暖房もガスで、
このときは結構楽でしたが。
ガス、灯油のどちらかを減らしたいと思うときがあります。


かなり以前になりますが、都市ガス用の埋設ポリエチレン管を製造・販売する企業に
お世話になったことがあり、顧客は都市ガス業者、ガス管の配管業者で、
その方たちにもお世話になりました。
ポリエチレン管が、腐食しない、地震で破損しないなどの利点から、
普及しつつある時でした。
そんな経験もあり、ガスにはかなりの愛着を持ってはいますが。

(スタッフH)

画像は修学旅行生。馬のほうから興味があるのか寄ってきます。
fukuchi.JPG
posted by 日高王国 at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。