2013年08月20日

余話

札幌の書店に立ち寄ったとき、たまたま書棚に目にした
「フラノマルシェ」の創設メンバーの著作を読み、
富良野に行ってみることにしました。
日高王国から道路距離で200km。

富良野は市とはいえ、人口24,000人程度、
決して大きな街ではありません。
観光地としては有名でも、駅前通などは必ずしも観光客が立ち寄るわけでなく、
中心街にあった病院が移転するにあたり、中心市街地の空洞化を止めるべく、
跡地利用をということで有志が立ち上がったといったストーリー。

補助金の申請から交付までの事実経過の記述は、補助金業務に携わることも
ある者にとっては困惑する思いもありますが、
補助金もあるとはいえ、出資(自己資金)もしっかりと集め、
「道の駅」をつくろうとしたわけではないといった、目的とその目的のための
設計ということがメンバー間に共有されています。

なぜ、フラノマルシェに行こうと思ったかというと、
読んでもよくわからなかったから。
文章がということではなく、
まちづくりで他の地域でも取り組んでいるのと何が違うのかということが。

夏休み期間中の日曜日、駐車場に車が列をなすほど、賑わっていました。
有名となった棒餃子の「なまら棒」を片手に、ぶらぶらしました。
といっても、ぶらぶらするほどの広さでもないですが、
駅前市街地全体に客がながれるようにという考え方のようです。

「説明されなければわからないという人には、説明してもわかってもらえない」
ここ数年で聞いた言葉で、最もシニカルで印象に残っている言葉ですが、
フラノマルシェに行った感想は、
読んでも理解できない者は、見ても理解できない、というもの。

大勢の人が集まって、時間を過ごしているという事実を知ることが
できただけでした。

著作の中の一節、
「まちづくりの新たなチャレンジに対して全員が賛成するなどということは
ありえない。はじめから賛成派が多いということは、そのアイデアが
いかに凡庸であるかという証でもある。」
ひとりよがりにならない程度に、そのアイデアへの自信がうかがえます。

(スタッフH)

画像は、浦河町のショッピングセンターMIO内。
先日、地方競馬の映像を観戦できるスペースがリニューアルし、
土日に行われる中央競馬の映像も観戦できるようになり、賑わいが期待されます。
この日もMIO内にあるラーメン屋なども、客が目立ったような気が。
ショッピングセンター内にはまだ空きスペースが目立ちますが。

DSC00916.JPG


posted by 日高王国 at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

ガソリンスタンド

浦河町では移住促進事業の一環で、お試し体験住宅を用意していますが、
移住体験で訪れる方から、たびたび聞くことに、
「ガソリンスタンドが多いですね」というのがあります。

人口減少、低燃費車の普及などにより、ガソリンスタンドの廃業が
進んでいるニュースをよく耳にするようになりましたが、
過疎の町では、生活においても、仕事においても車は必須。
スタンドに限らず、整備工場、タイヤ販売店など自動車関連の業者は
小さな町でも結構目にします。

北海道経済産業局の資料によると、
道内のスタンドは、平成23年度末で2,023箇所。
人口で割ると人口2,700人に1箇所程度。
ただし、市だと3,600人に1箇所程度、町村だと1,300人に1箇所程度。

とりたてて浦河がガソリンスタンドが多いともいえないような。
国道沿いの数km内にほとんどが立地しているので多く感じるようです。

ちょっと前に、襟裳岬にあったガソリンスタンドが撤退し
話題になったことがあります。
襟裳岬はこの地域では最も有名な観光地であり、
日高王国の受入家庭の漁家も岬地区にいます。
えりも町商工会のホームページでは、襟裳岬から15Km程度のところに
スタンドがありますと掲載されています。
えりも町は5千人程度の人口で、スタンドは4箇所のようで、
人口割では平均的なのでしょうが、面積・距離的にはどうなんでしょうか。

ちなみに北海道経済産業局の資料によると
スタンドが3箇所以下の自治体は道内で54町村。
(北海道の全町村数は144、市は35)
また、60%が市部に立地しているとしています。
都市部に偏重していることを強調しているようです。

でもガソリンスタンドでいえば、スタンドの数もそうかもしれませんが、
ガソリン価格に地域差を感じることが多いのではないでしょうか。

(スタッフH)


7月の最終土日は浦河馬フェスタ。
画像は浦河馬フェスタでのジョッキーベイビーズ選手権
パドックならぬ広場での周回もあります。
勝者は11月3日に東京競馬場で全国各地区代表による決勝大会があります。

20130728110222(1).jpg  20130728111258(1).jpg


こんなのも行われています。

20130728104700(1).jpg 20130728115018(1).jpg

ちなみに馬フェスタの草競馬プログラムは、
 9:00 馬フェスタオープニングカップ(トロッター) 1600m
 9:20 ジョッキーベイビーズ北海道予選 直線200m
 9:40 軽種予選(サラ・アングロアラブ) 1700m
10:10 軽種予選(サラ・アングロアラブ) 1700m
10:30 神威岳特別 直線300m
10:50 柏陽館特別(繋駕レース) 1800m
11:20 ジョッキーベイビーズ北海道予選 直線300m
11:40 うらら湖記念 1000m
11:55 人力繋駕レース 100m
13:20 天馬街道記念(軽種) 1800m
13:40 全日本和種カップ 1000m
14:10 浦河ダービー(ポニー) 600m
14:30 シンザングランプリ 2500m

もっと有名になってもいいイベントのように思うのですが。





posted by 日高王国 at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。